カンボジア奮闘記

カンボジア13年目。シェムリアップとプノンペン。

プノンペンからシェムリアップへ移動でのアクシデント。

f:id:tcambodia:20170604014751j:plain

※画像はイメージです。

昨日、カンボジアの総選挙ということで、プノンペンからシェムリアップへ移動して、弾丸で1日滞在して帰ってきました。が...

プノンペンからシェムリアップへの移動手段

プノンペンからシェムリアップの移動手段ですが、長距離バスか飛行機、スピードボードがあります。長距離バスの場合、1人大体相場は5ドルからです。10ドル以上の長距離バスは、ホテル型であったりします。ホテル型とは、通常のシートではなくベッドが備わっているバスの乗車して寝る事が可能です。

しかし、日本でも夜間バスを想像して欲しいのですが、そのクオリティに比べたら断然低いです。期待する程でもありません。せいぜい良いサービスとしては、掛け布団と枕位の提供ですね。実際に乗ってみるとわかりますが、結構辛いです。。

普通の座席シートタイプのバスに乗った方が良かったと後悔しました。

今回このバスを利用した経緯

今回このバスを利用した経緯ですが、3日の出発当日にバスのチケットを購入しようと思い、いつも利用しているTukTukがこれなかったので、知らないTukTukを利用。その後、バスのチケットを購入したいからと伝えたところ私の知らないバスチケット販売代理店に行きました。そこで致し方なくバスのチケットを購入しホテル型で枕、ブランケットはついてますで、満足してしまったんですね。。1人12ドル。期待してしまいました。

バスの待ち合わせ場所に

夜の11時に出発との事で、10時過ぎには待ち合わせ場所に到着。外国人を含め多くのお客さんがいました。ただ、オフィスがボロい。そして、期待とともにバスを待って来たんですが。。なぜか私達だけが、誘導され違う会社のバスに同車。ホテル型とはいえ、バスは古い。実際乗ってみると窓がなく2段ベットの一番下で、人一人が入れるスペースに2人。そして酔う。。

これで、6時間30分近く頑張って何とかシェムリアップに到着です。

辛かった。。

もう、このバスは利用しない事を決めました。

シェムリアップの空気は最高。自然が多い。

カンボジアの首都のプノンペンは、ビジネス中心部なので道路も整備され、多くの建物ビルが立ち並んでいます。

しかし、シェムリアップでは自然が多く空気も違いとても住みやすい町です。


f:id:tcambodia:20170605222056j:image

私の妻の実家は村なので、起きたら朝はこんな風景です。

とても居心地が良いです。子供達は、この広場で走って良く遊んでいます。

最後に

今後、プノンペンシェムリアップの移動方法、飛行機で行こうかなとも考えています。しかし、節約ともなると長距離バスが一番安いんですね。今回のバスは異様に高くボッタクリ感が高いですが、普通のバスだと1人5ドルでシェムリアップに行けます。飛行機ですと、安くて1人45ドル位。

では、また!