カンボジア奮闘記

カンボジア13年目。シェムリアップとプノンペン。

kintoneカスタマイズの初歩。

f:id:tcambodia:20170528122848j:plain

kintoneのカスタマイズで初歩的な部分について、今日はお話しいたします。

昨日は、kintoneがどういったものなのかについて紹介させて頂きました。kintoneのカスタマイズで必要なものは、基本的にはjavascriptです。

javascriptと言われてもプログラミング言語を触れたことも無い方もいます。kintoneで使用していくプログラミング言語についても構文については、決まっているので処理を書いてあげるだけで、動作するのが特徴です。

kintoneで使用するjavascriptについて

kintoneでのカスタマイズの際、javascriptを使用していきます。実は、kintoneにはプログラミング言語を設定出来る仕組みになっています。

kintoneにログインしてから→歯車のマーク→kintoneシステム管理

f:id:tcambodia:20170528115537p:plain

枠で囲った部分になります。
Javascript / CSSに対応してますね。

ここにファイルをアップロードする仕組みです。

正常なコードの場合、きちんと動作してくれる様になっています。

kintoneでのjavascriptの書き方

kintoneでのjavascriptの書き方ですが、まずご自身のコードエディタを用意しましょう。Windows / Macでのコードエディタは色々ありますが、おすすめ紹介している下記の記事を参考にされるのも良いでしょう。
 

ferret-plus.com

コードエディタの用意が出来たら、javascriptが書ける様に設定します。では、実際に書いていきます。kintoneでのjavascriptの書き方は、基本下記の様になっています。(予め、Javascript自体について勉強なりおすすめします。関数、配列も良く使用します。)

kintone javascript基本書き方

 

これだけです。
あとは、処理をどの様にしていくか書いてあげるだけですね。

最後に

次回は、実際に簡単なカスタマイズでどういったものがあるのか?紹介させて頂きます。javascriptについても、 予め書ける様になると良いでしょう。

 

JavaScript(ジャバスクリプト)とは WEB(ホーム)ページを作成する上で、主に使用するのは、下図の3つです。 ... WEB上でインタラクティブな表現をする為に開発されたオブジェクト指向のスクリプト言語(簡易プログラミング 言語)です。

引用元 : JavaScript(ジャバスクリプト)とは

 

では、また!